美容整骨 BIKOTSU

メニュー

site rule
サイト規約

第1条(日本美容整骨協会公式サイト)

「日本美容整骨協会公式サイト(以下「当サイト」といいます」とは一般社団法人日本美容整骨協会(以下「当協会」といいます)公式の情報サイトをいいます。
当サイトをご利用になる方(以下「サイト利用者」といいます)は、当サイトのご利用により、会員規約及びプライバシーポリシー(以下あわせて「本規約」といいます)の内容を全て承諾したものとみなされます。
サイト利用者は自らの意思および責任のもと、当サイトをご利用するものとします。

第2条(会員)

「会員」とは、当サイトに個人情報(「プライバシーポリシー」の定義に従います)及びその他の情報を登録し、当協会がこれを承認したサイト利用者をいいます。当該会員登録及び承認後、会員は当サイトにおける会員向けサービス(以下「会員サービス」といいます)を利用できるものとします。会員は登録の時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。

第3条(当サイトへの登録手続と登録審査)

当サイトの会員となることを希望するサイト利用者は、予め当社と個別の契約を行って認定店になります。
当社は前項の申し込みについて所定の審査を行います。
当社は、登録を申し込んだ個人が会員として不適当と判断した場合には、その登録を拒否することができ、また、登録後であっても会員資格を取り消すことができるものとします。当社は、登録を拒否した理由については、申込者に対し開示する義務を負わないものとします。

第4条(会員サービスの変更等)

当社は、会員への事前の通知なくして、会員向けのサービスの変更または一時的な中断を行うことがあり、会員はこれを承諾します。
当社は事前の予告期間をもって会員に通知の上、会員サービス全体の提供を長期的に中断もしくは終了することができます。
当社は、前二項に基づく会員サービスの提供の全てまたは一部の変更、中断または終了によって会員が受ける損害については一切責任を負わないものとします。

第5条(会員の責任)

当サイトのサイト利用者は、自らの意思によってのみ当サイトに登録し、会員となるものとします。
会員が登録した情報は会員自らがその内容について責任を負うものとします。
会員は自らが登録した情報をいつでも変更、追加、削除することができます。
会員は自らの意思によって当サイトを利用し、利用にかかわるすべての責任を負うものとします。

第6条(会員の禁止事項)

会員は当サイト上で以下の行為をしないものとします。
  1. 虚偽の情報を登録する行為
  2. 第三者及び当社の著作権、肖像権、その他知的財産権を侵害する、または侵害のおそれがある行為
  3. 第三者及び当社第三者及び当社の財産、信用、名誉、プライバシー等を侵害する、または侵害のおそれがある行為
  4. 第三者及び当社を誹謗中傷する行為
  5. その他いかなる法に違反する行為、またはそのおそれのある行為
  6. 犯罪的行為を助長、又はその実行を暗示する行為
  7. 公序良俗に反する行為
  8. 他のサイト利用者または第三者に無断で該当人物の特定できる情報を公開する行為
  9. 本サービスの提供される地域において法令に反する行為
  10. 他のサイト利用者、第三者及び当社に不利益または損害を与える行為
  11. 過度あるいは不適切に特定の外部WEBサイトへ誘導することが目的と判断される行為
  12. アダルトサイト・出会い系サイトなど年齢制限を有するサイトや、違法・有害サイトなどへのリンク行為
  13. 当サイトを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
  14. 当サイトを利用した、営業活動、営利を目的とする情報提供活動行為
  15. 会員に許された所定の手順もしくは方法以外に、不正に当サイトもしくは当社のサーバーにアクセスする行為、またはそう疑われる行為
  16. ウィルス、ワーム、その他の有害プログラムを当サイトもしくは当社のサーバーに送信し、または第三者に送信する行為
  17. 当サイトの運営を妨げる、あるいは当社の信用を毀損するような行為、またはそのおそれのある行為

第7条(当社の責任)

会員の当サイトへの登録、利用から生じる一切の損害(直接・間接を問わず、精神的苦痛、事業の中断、またはその他の金銭的損失を含む一切の不利益)に関して、当社は責任を負わないものとします。
また、当サイトにおいて提供される情報は第三者の責任で提供されるものであり、提供情報の真実性、正確性、合法性、安全性、適切性、有用性について当社は何ら保証しないものとします。

第8条(不可抗力)

天変地異による被害、システム障害、通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス、ワーム等の有害プログラムによる被害、その他当社の責によらない事由により会員に被害が生じた場合、当社は一切責任を負わないものとします。

第9条(提供された情報の当社による利用)

当社は、個人情報以外の登録情報及び当サイトの利用状況について、当社の編集、発行または発売するもの等に二次利用できるものとします。なお、この場合における一切のコンテンツの著作権その他の知的財産権は、当社が所有するものとします。

第10条(除名)

当社は、会員が本規約に違反したと当社が判断した場合は、会員に事前に通知することなく、会員サービスの提供を一時中止し、または会員資格を取り消しすることができます。

第11条(本規約の変更)

当社は、本規約の記載内容に修正、変更、追加もしくは疑義が生じた場合、会員の事前の承諾を得ることなく、当サイトのWebサイト上に掲示あるいは当社が適当と判断する方法で会員に通知することにより、本規約を変更できるものとします。なお、当該掲示または通 知後に会員自らが会員サービスを利用することにより、当該会員は変更された規約に同意したものとみなします。
会員サービスにおいて別途個別規約(当サイトのWebサイト上で掲示する利用ルールを含みます)が定められている場合、会員は本規約、当該個別規約に基づいて会員サービスを利用するものとします。本規約と当該個別規約に定める内容が異なる場合、当該個別規約の定める内容が優先して適用されます。

第12条(第三者に対する責任)

会員が当サイトの登録、利用により、他の会員その他第三者に対して損害を生じさせた場合には、当該会員の責任において解決するものとし、当社は仲裁、解決の斡旋その他解決のための行為を行う義務を含め、何らの責任を負いません。

第13条(損害賠償)

会員が本規約に違反し、当社に対し損害を与えた場合、会員は当社に対し、直接・間接を問わず一切の損害の賠償義務を負います。

第14条(準拠法及び管轄裁判所)

本規約、その運用、当サイトの利用に関する一切の法律は日本国の法令に準拠し、解釈されるものとし、本規約及び関連する個別契約に関する紛争(不法行為、不当利得、知的財産権侵害等に基づく差止請求等が含まれます。)は、東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

付則

この規約は2014年6月1日から実施します。

license
美容整骨ライセンスについて

日本美容整骨学院の学院長である兼國治郎及び当学院を運営する株式会社ビーライフ(以下「当グループ」といいます。)は、下記のとおり、「美容整骨」に関する知的財産権及び「美容整骨」等に関する法律上保護される権利・利益を有しています。当グループの知的財産権及び前記権利・利益を侵害する行為の存在が判明した場合、当グループは当グループ顧問弁護士により損害賠償請求や差止請求など民事上の法的措置を採るのみならず、告訴など刑事上の法的措置をも採ることになります。かかる侵害行為がないよう、下記説明をよくお読みの上、十分にご理解頂きますようお願い申し上げます。

【著作権】

当グループが制作した美容整骨に関する書籍、記事、広告その他一切の表現物は当グループの著作物であり、その著作権は当グループに帰属します。
当グループの許諾なく、これらの著作物の全部又は一部を複製し、あるいは頒布された場合、当グループの著作権を侵害する違法な行為となります。また、当グループの著作物の一部を変更して利用し、あるいは翻訳するなどして利用することも、当グループの著作権を侵害する違法な行為となります。
当グループの著作物の全部又は一部の使用を希望される場合、必ず事前に当グループまでご連絡いただき、当グループが定める条件に基づき使用の許諾を受けてください。

【商標権】

当グループは、下記文字について、登録商標を保有しています。

美容整骨

したがって、当グループに無断で、上記文字と同一又は類似の商標を、当グループの指定商品及び指定役務と同一又は類似する商品又は役務において使用することは、当グループの商標権を侵害する違法な行為となります。また、上記登録商標を構成する文字列(「美容整骨」「BIKOTSU」)を、当グループの指定商品及び指定役務と同一又は類似する商品又は役務において使用することも、当グループの商標権を侵害する違法な行為となります。

【不正競争防止法】

「美容整骨」の表示は、当グループの商品等表示として、需要者の間に広く認識されております。したがって、当グループに無断で、第三者が自己の商品等表示を示すものとして、この表示を使用することは、不正競争防止法上、禁止されています。
また、「美容整骨」という表示と同一でなくても、これと混同させるような類似の表示を使用することも、不正競争防止法上、不正競争行為として禁止されています。

【肖像権、パブリシティ権】

株式会社ビーライフの代表者及び従業員(以下「本件権利者」といいます。)は、その氏名及び肖像(肖像画、肖像写真等を含みます。)について、肖像権及びパブリシティ権を有しています。したがって、本件権利者の許諾なく、本件権利者の氏名又は肖像を使用することは、本件権利者の肖像権又はパブリシティ権を侵害する違法な行為となります。

【許諾期間終了後の権利侵害】

美容整骨師等、過去に当グループから正式に認定され、当グループから当グループが権利を有する商標の使用について許諾を受けた者であっても、その使用許諾期間終了後は、その終了の理由を問わず、上記の権利を行使することが一切できなくなります。
従って、一度、商標の使用許諾期間が終了した後、改めて、上記の権利の行使を希望する方は、当グループにその旨申し出て、当グループが定める条件により許諾を得る必要がありますので、ご留意下さい。